平成25年産

9月24日 JAにて極早生の果実糖酸分析が行われました。

昨年は過去最高クラスのと糖度数値で、今年はさらに高糖度でした。

H24年 糖度9.2〜9.9 H25年 糖度9.9〜11.0 (いずれも高林早生)

ちょっと信じがたいほどです。十数年の間では過去最高です。

このままいけば早生や青島も高糖度を期待できそうです。

実際に食べてみても[大変良い]といえる味と食味でした。

 

 

9月 極早生みかんの収穫が例年より約10日早く9月3日から始まりました。

日南の姫2.jpg 日南の姫1.jpg

 

7月に入り、はるみに続き不知火(別名デコポン)、そして温州みかんの摘果も始めました。

今年の温州みかんは、着果量のバラつきや果実の大きさの差が大きく苦戦中です。

 

6月下旬からはるみの摘果を始めています。

はるみは「隔年結果」という、実が付く(表年)、付かない(裏年)がはっきりしています。

たっぷり実を付けた次の年は限りなくゼロに近くなります。一度試しましたが、400個の次の年は3個でした。

毎年実を付けやすい方法の一つとして、樹の半分の実を落とす方法があります。

上半分の実を手で落とします。下半分しか付いていません。

はるみ摘果全体.jpg

 

上部

はるみ摘果上部.jpg

 

下部

はるみ摘果下部.jpg

 

 

今年の梅雨入りは5月28日でした。

昨年は6月9日でしたので10日以上早くなっています。

果物への影響も出てくると思われます。

20130530深田.jpg

 

 

5月5日 みかんの早生品種、動きの早い樹は満開です。

5月5日満開1.jpg5月1日満開2.jpg

 

 

今年は生育が早く、4月末にみかんの花が咲き始めました。

20130430深田:樹.jpg20130430深田:花.jpg

 

 

春になり今年の芽が出てきました。

これは次郎柿です。

柿.jpg

 

みかんの芽です。

これは葉になります。花は持っていません。

芽.jpg

 

こちらは花になり実が付きます。

花.jpg