陸前高田市震災支援活動

平成26年7月5日

震災から4年目、今年も支援活動に仲間と行ってきました。

花壇づくりや周辺の草取りなど行ってきました。

2014陸前高田3.jpg 2014陸前高田2.jpg

2014陸前高田4.jpg 2014陸前高田1.jpg

 

海岸に近いところでは住宅地の工事が始まっていました。

2014陸前高田6.jpg2014陸前高田5.jpg

 

これは震災当時からの建物です。下の階ほど被害の大きいことがわかります。

2014陸前高田7.jpg

 

 

平成25年6月8日

震災から3年目の今年も支援活動に各地の仲間と行くことができました。

 

花壇の花の植え替え

2013花壇1.jpg 2013花壇2.jpg

 

幻の果実といわれる「ポポー」の記念植樹

2013ポポー記念植樹.jpg 2013記念植樹2.jpg

2013ポポー1.jpg 2013ポポー2.jpg

 

フリースクールの生徒さんたちのマジックショー

2013手品ショー.jpg 2013集合写真.jpg

 

建物は少しずつ建っていましたが、まだまだ復興と呼ぶには程遠いです。

 

 

平成24年5月12日

昨年8月に続き、陸前高田市竹駒町の仮設住宅の方々のところへ行ってきました。  

周りは復興作業が進められていますが、まだまだです。

陸前高田復興風景1縮小.jpg集合写真縮小.jpg

山梨県大月市のフリースクール「オンリーワン」の生徒さんや、静岡経営塾の仲間などみんなで花壇作りやグリーンカーテン作りなどを行なってきました。

 

これは昨年8月に作った花壇です。

DSC00716a昨年の花壇.jpg

こんなにきれいに管理されていました。

 

今年の花壇づくりとグリーンカーテン作りです。

DSC00684a花壇作成1.jpgDSC00718a今年の花壇.jpg

  P1000052aグリーンカーテン作成.jpg  DSC00717aグリーンカーテン.jpg

 

その後の仮設住宅集会所では、沼津電話工事社長、笑い療法士の小野さんのマジックショーも開催され、みんなで大笑いしました。

P1000100aマジックショー2.jpgP1000112aマジックショー集合.jpg

 

ユニーバーサル農業

 

平成24年度の「ぽのぽの。」です。

下の写真は温州ミカンのセットですが、3月からの柑橘は「はるみ」または「不知火(しらぬい)」になります。

別名の「デコポン」が有名ですが、正式名は「不知火」です。

なお、実が大きいので4個程度になります。

po101.jpg

時期の柑橘とジャム、お菓子のセットです。

今年度はパティシエさんご指導いただきました。特製チョコレートジャムの他、お菓子は「マフィン」「スコーン」「プレッツェル」ができました。

 po002.jpg po007.jpg

 po005.jpg po008.jpg

 ぽのぽの展示11,22小.jpg 20130126農林水産まつり.jpg

イベントでは展示やみかんの生絞りジュースつくり体験などさせていただきました。 

 

平成24年度、ワークセンター「大きな木」 から4月6日より農作業体験では、主に草取りを行っていただいていました。

年が明け、春が近づき剪定が始まると、その切りくずを小さくしていただいています。こうすると足に引っかかりませんし肥料にもなります。

 剪定片付け1.jpg 剪定片付け2.jpg

 

冬も寒さに負けず取ってくれています。草の成長も止まりきれいになってきました。

おかげで、除草剤が他の場所の5カウントに対し、ここは2カウントで済みました。

大きな木草取り12月.jpg 大きな木草取り冬.jpg

 

8月は扇風機を使い暑さに耐えています。

        草取り前                 草取り後

大きな木草取り前8月小.jpg 大きな木草取り後8月小.jpg

      

 

6月15日

梅雨の合間の晴れた日、みかんの苗木を植えた周りの草を取ってもらいました。

20120615草取り1縮小.jpg20120615草取り2縮小.jpg20120615屋根・外周縮小.jpg

屋根にフィルムを張ってはいませんが、パイプやネットに囲まれて暑い中の作業です。

 

 草取り前20120615草取り前1縮小.jpg      草取り後20120615草取り後縮小.jpg 

草を取ってくれた分、除草剤を減らすことができます。

 

作業の合間には、今年植えたばかりの木になった実も落としてもらいました。

実を落として発育をよくするためです。

 落とす前20120615全摘果前縮小.jpg     落とした後20120615全摘果後縮小.jpg

 

 

 

平成24年4月27日

「ぽのぽの。」第2弾ができました。

柑橘は、黄金柑、レモン、樹で完熟させた甘夏の組み合わせです。

ぽのぽの2箱ふろしき:小.JPGぽのぽの2中身:小.JPGぽのぽの2内容説明:小.JPG

 

 平成24年3月26日

箱入り全体.JPG【ユニバーサル農業から新商品登場!】

農業+福祉=ユニバーサル農業ということで、浜松市では農家+福祉施設+行政でチームをつくりユニバーサル農業研究会を開催しています。
ユニバーサル農業は、福祉との融合により今までよりもより良い農業になることを目指しています。

平成23年度は野沢園+だんだん【福祉施設】=労働力+共同商品開発を企画し事業を行い、このような商品が生まれました。
箱シール.JPG野沢園・だんだん説明書き.JPG籠入り斜めから.JPG

商品名 「ぽのぽの。」

野沢園のみかんとジャム、だんだんが作るお菓子と食卓に飾る籠の作成、そして包装。

お互いが協力しあってできあがりました。


今回の連携キーワードは「丁寧」です。

だんだんの皆さんの作業は早くありませんが、仕事は丁寧。
野沢園では丁寧なみかんの取り扱いを大事にしています。
みかんは通常、いろいろなところを転がることで、せっかくの美味しい味がぼやけてしまいます。

両者の丁寧に磨きをかけてお客様に美味しいみかんをお届けしようという商品です。
 

 

 

平成23年度

 昨年度に引き続き農作業の受け入れをさせていただきました。

10月20日から3月8日まで、新しいメンバーさんがみかんの収穫作業など体験しています。

今年度は、精神疾患を持たれた方々の「就労体験」として受け入れさせていただいています。

 

平成24年1月

不知火収穫.jpg丁寧に「不知火」(別名デコポン)を収穫しています。

 

 

DSCF0541縮小.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年1月の寒い日です。除草剤でも枯れない雑草を丁寧に退治しています。

 

 

DSCF0494縮小.jpgDSCF0496縮小.jpg

平成23年12月16日 山でのみかんの収穫

メンバーさんならではの丁寧さで収穫、取り扱っています。

 

 DSCF0482.jpg

      11月の青空の下でのみかん収穫

 

 

平成22年度

浜松ユニバーサル農業研究会の事業で、障がい者施設より、障がい者の農作業受け入れをさせていただきました。

施設では、就労訓練と呼び、半年間、作業をしていただきました。

 

 縮小DSCF0026.jpg 縮小DSCF0207.jpg

はるみを袋から出して仕分けます   畑の穴を埋め平らにしています

 

高林1.jpg 高林2.jpg

            10月 極早生みかんの収穫

 

ネーブル2.jpg ネーブル1.jpg

              12月 ネーブルの収穫

 

位置情報 「ユニバーサル農業シンポジウム in はままつ」にて、この農作業受入れ事例を発表しました。

 P2011200.jpg 縮小DSCF0036.jpg